柏・流山店

外壁塗装でアパートの入居率を上げましょう!

間取りや家賃、立地のほかにアパートの外観も選ばれる要因の一つです。

昨今の入居希望者は、インターネットを活用してアパートを決めていると言っても過言ではありません。

では、どのような外観にすれば契約率が上がるのでしょうか。

建物は、10年もすれば色褪せや劣化症状がみられてきます。

外壁塗装は、「建物の保護」「建物の美観」「資産価値を上げる」という役割があると言われ、定期的なメンテナンスは建物を綺麗なまま長持ちさせます。

また、塗装をすることにより、見た目だけでなく、塗膜によって雨水の浸入を防ぐことができます。

世代を問わず人気な色は、ベージュや薄いブラウンのような温かみのある色。

白や明るいグレーは清潔感があり好印象を持たれますね。

このような基本的な色は、穏やかな雰囲気を醸し出すので、幅広い世代に愛され、取り入れやすいとされています。

アパートは複数の入居者が住むことから、地域の特性やターゲット世代を分析し、入居者層に焦点を当てることで、より効果的に入居率を向上させることが可能です。

アパートは、戸建て住宅と違い入居者の希望通りに色が変えられません。

また、契約の期間次第では数年で退去も考えられます。

そのため、ベーシックなカラーにするか流行色を取り入れておくことにより、空きが出たとしてもすぐに注目され、入居のきっかけを与えることが出来ます。

アパートの外観は、入居を希望する人々が最初に注目するポイントであり、部屋探しにおいて重要な要素です。定期的な外壁塗装やリフォームを行うことで美観を保つことは非常に重要であり、多くの利点があります。