柏・流山店

外壁塗装に欠かせない養生 その大事な役割とは・・

外壁塗装をする際、建物の保護を目的として行う作業の中に【養生】というものがあります。

これは主に、塗装をしない部分を守るための作業です。

例えば玄関ドアや窓、エアコンの室外機、時には植物や車なども養生します。

ビニールシートや飛散防止ネット、専用のテープなどで塗装をしない部分を覆うことで、

塗料の飛散、はみ出しなどを防止することができます。

養生の種類としては、ビニール や ガムテープ 、 ブルーシート、 マスキングテープ、それからマスカーといってマスキングテープとポリシーとを合体させた養生資材があります。

養生にもタイミングがあり、高圧洗浄→乾燥→補修作業→養生になります。

また、塗料だけでなく、洗浄する際の水しぶきや汚れなどで、ご近所トラブルなどの問題に発展する可能性も十分に考えられます。

まずは【養生】をしっかりとしておくことで、外壁の美しい仕上がりはもちろん、こうしたトラブル防止にもつながります。

外壁塗装をするうえで、とても大事な工程の一つが【養生】です。