柏・流山店

塗装における養生の役割

養生とは、塗装作業中に他の部分を汚れや塗料の飛散から守るための準備作業のことを指します。

これらの作業には具体的に、以下のような意味合いがあります。

・マスキングテープを使った覆い

塗装したい部分以外を覆い、塗料や汚れがつかないようにすること。

・床や壁の保護

床や壁などを養生シートで覆ったり、特殊な保護シートを敷いたりして、塗料が付着しないようにすること。

・周囲の保護

隣接する建物や他の部分を保護し、塗料や汚れが飛散しないようにすること。

・通気性を保つ

養生作業を行っても、作業を妨げない程度に通気性を確保することが重要です。

これらの養生を行うことで、塗装作業の際に周囲を保護し、作業後の掃除や修復を最小限に抑えることができます。

また、きちんと養生をすることによって美しい塗装に仕上げることが出来るので、この作業はとても大切なのです。

しかし、中には適当な養生で済ませる業者もいます。

塗装を依頼する際は、その塗装業者の施工例を見たり、どういった養生をするのか確認することも大切です。

せっかくお金をかけて塗装をするのであれば、こういった小さな作業も手を抜かずきちんと行ってくれる業者選びをしたいものですね。