柏・流山店

外壁が劣化しているサイン? こんな場合は要注意!

一般住宅の外壁を塗り替えるタイミングは、使用されている塗料の耐用年数によっても違いはありますが、おおよそ10年に1度と言われています。

日々の雨や風、紫外線や熱などさまざまな影響により劣化していく建物の外壁。

早めに気付き、対策を行うことで、大切なお住まいを長持ちさせることができます。

今回は外壁が劣化のサインについて、いくつかご紹介していこうと思います。

【色褪せ・変色している】

紫外線を浴び続けることにより、外壁に色褪せ、変色などが起こります。

色褪せにより見た目の印象も変わってきてしまいます。

そのまま放っておくとどんどん劣化が進んでしまいますので、見逃さないようにしましょう。

【手に白い粉がつく・チョーキング現象】

外壁を触ると手のひらに白い粉が付着する現象のことで、色あせの次に起こりやすい劣化現象です。

塗膜が剥がれ、防水機能がなくなってしまっているサイン。外壁が守られていない状態なので危険です。

【ひび割れ・剥がれ・膨れ】

ひび割れは、地震などの揺れや振動、経年劣化によって起きます。

幅が0.3㎜未満のひびであれば、経過観察でもいいと言われています。

それ以上のひび割れは、そのままにしておくと、雨漏りや湿気によるカビの発生、建物の強度も落ち、危険な状態になってしまいます。

また、塗膜の剥がれや膨れも、経年劣化や施工不良などが原因で起きる場合があります。

ひび割れと同じく外壁を守ることができなくなっている状態なので、早めに対策をしましょう。

【シーリングの割れ・痩せて細くなっている】

シーリングも雨風の刺激を受けることや気温差によって、割れや剥がれ、痩せて細くなります。

こちらも放置してしまうことで、雨漏れなどの原因となってしまいます。

いかがでしたでしょうか。

外壁は時間がたつにつれて劣化していきます。劣化によりさまざまなリスクが増えてしまいます。

少しでも早めの対策を心がけることが大事です。

ペイントホームズでは住宅診断も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。