柏・流山店

艶消し塗料ってどんな特徴があるの?

塗料には、「艶有り」「艶消し」の2種類があります。

この2種類にはどんな違いがあるのでしょうか。

艶有り塗料とは、表面がツヤツヤと光沢を放った仕上がりになる塗料のことを指します。

反対に艶消し塗料とは、外壁塗装に使われる特別な塗料です。

塗料自体には光沢がほとんどなく、これをマット仕上げとも呼んでいます。

光沢を抑えることで、塗り替えた時の輝きを抑制する役割があります。

では、「艶有り」「艶消し」の塗料の違いを見ていきたいと思います。

艶有り塗料

外観:美しい光沢があり、高級感が演出されます。

汚れ:万が一の傷や汚れが目立ちにくい特徴があります。

日光や照明:光沢の効果で光の反射があるため、建物がツヤツヤ輝いて見えます。

艶消し塗料

外観:光を反射せず、艶を抑えてマットになるため外壁が自然で柔らかな印象となります。

汚れ:艶がないため、経年による見た目や雰囲気の変化が少ない特徴があります。

日光や照明:光を反射しにくい性質のため、日光や照明の影響を受けにくい特性があります。

このように、「艶有り」「艶消し」の塗料には違いがあります。

艶消し塗料は、控えめでシンプルな外観が好みの方や自然な外観を希望する方にお勧めできます。

ご自身の建物や周囲の景観に合わせて、「艶有り」「艶消し」の塗料を選ばれてはいかがでしょうか?