柏・流山店

ALCパネルの特徴とメンテナンス方法

一般住宅の外壁にはさまざまな種類の外壁が使われています。その中で、安全性や耐久性の観点からも注目されているのがALCパネルです。

「軽量気泡コンクリート建材」とも言われるこの素材は、珪石やセメント・アルミ粉末を原料として作られています。一般的に使用されるコンクリートに比べて重さが軽く、取り扱いやすいのが特徴です。

 

軽いながらもひび割れの要因となる有機物が含まれていないため、耐久性にも優れています。定期的にメンテナンスを実施すれば、50年以上は長持ちするとされています。こうした特性から、東京都庁や東京スカイツリーにも採用されています。

 

メリットの多いALCパネルですが、内部に細かい気泡が含まれている分、吸水性も高くなっています。水を吸収し過ぎることによるひび割れなどは注意しなければなりません。そのため、防水性を高める加工をメンテナンスとして施す必要があります。

メンテナンスの主な方法は、外壁塗装とコーキング施工です。防水性の高い塗料をALCパネルに塗ることで、ALCパネル自身が水を吸い込んで劣化するのを防ぐことができます。防水や撥水に優れている塗料を使ってメンテナンスを行いましょう。

また、ALCパネルのボードの繋ぎ目に使われているコーキングの追加や交換といった施工を行うことで、隙間から侵入してくる水も予防できます。定期的なメンテナンスを欠かさずに行い、長持ちさせたいものです。