柏・流山店

屋根塗装における役割と必要性について考えよう

一部を除いて、多くの屋根は塗装をしたほうがいいことをご存じでしたか?

塗装をしない瓦屋根もありますが、最近は塗装を行わなければならない屋根材も増えてきました。

屋根を塗装することにより、美観がよくなることと、機能面でも建物のためになることがあります。

今回は、屋根塗装についてお話していきたいと思います。

屋根塗装の役割

屋根材の多くは、塗装が必要です。

なぜかと申しますと、新築で建てた当時はきちんと屋根にも塗膜が張られ防水の役割を果たしてくれていますが、長い年月が経つとその塗膜が劣化します。

なぜかと申しますと、新築で建てた当時はきちんと屋根にも塗膜が張られ防水の役割を果たしてくれていますが、長い年月が経つとその塗膜が劣化します。

屋根は日ごろから天候に晒され、紫外線をたくさん浴びています。

適切な時期に適切なメンテナンスを行わなければ、屋根から雨漏りの発展し、建物自体を腐食させ取り返しのつかないことにもなりかねません。

外壁だけでなく、屋根にも注目してみてください。

屋根の塗装をすることで、屋根が精一杯の役割を果たしてくれます。

屋根は高い場所にあるので、普段から目視は難しいかと思います。

ですが、外壁の塗装をするタイミングで一緒に、専門家に診てもらって塗装をすべきか判断していただければと思います。